YouTubeが、欧州におけるストリーミングのデフォルトの画質を標準画質に変更したことをTechCrunchが報じています。

YouTubeが新型コロナで欧州における動画視聴のデフォルトを標準画質に

YouTubeは、欧州でのストリーミング画質を標準設定に切り替えた。

TechCrunchは米国時間3月18日に、YouTubeにそうした措置を取る予定があるか尋ねた。そして3月19日に、広報担当がその措置を実行したことを明らかにした。この動きは先にReutersが報じた。

新型コロナウイルス危機下にあり、欧州委員会がストリーミングプラットフォームに対しインターネットインフラへの負荷を抑制するよう求めていることに対する一時的な対応となる。

ユーザーはビデオの画質をマニュアルで調整できるが、それでもデフォルト設定はパワフルな手段であり、通信量はだいぶ変わってくる。

TechCrunch

YouTubeがイベントの自粛や休校などで増加するであろうトラフィックの対策の為に欧州でデフォルトの画質を標準画質に下げたようですね。
ストリーミングの画質を手動で変更するのは、地下鉄などで一瞬電波が悪くなり強制的に画質を下げられたときくらいかと思いますので、この対策はかなり効果的なのではないでしょうか。

また、Netflixも30日間デフォルトの画質を下げることを決定したようで、日本でのストリーミングサービスもこの流れに追従するかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを