先日、YouTubeが欧州で新型コロナウィルスの影響をうけ、増加するトラフィックの対策としてストリーミングのデフォルト画質を標準画質に下げたというニュースを記事にしましたが、どうやら日本でも同様の措置がとられているようです。

ブラウザ版とiOS版を両方確認してみたところ、デフォルト画質が360pとなっていましたので間違いないかと思います。

YouTubeが公式にトラフィック対策をすると発表した地域は欧州、イギリスとスイスとしか発表されていないので、発表されていない日本で措置がとられているということは、他の発表されていない国でも同様の対策がとられているかもしれません。

ちなみに標準画質に設定されるのは最初だけで、手動で画質を高画質に設定しなおせばそれ以降は別の動画を開いても設定した画質で再生される模様です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを