シャープが1月30日、オッポジャパン(Oppo)を無線LANの特許権侵害で提訴したことを発表しました。

オッポジャパンに対する特許権侵害訴訟の提起について

 シャープは、オッポジャパン株式会社(本社:東京都品川区)が、スマートフォンの通信技術に関する当社の無線LAN関連特許1件を侵害していると判断し、本日、東京地方裁判所に特許権侵害差止請求訴訟を提起するとともに特許権侵害差止仮処分の申立てを行いました。

 当社は、国内市場において、スマートフォン等のモバイル通信端末事業やアフターサービス事業を展開しています。

 当社では、保有する知的財産権を重要な経営資源と位置付けており、当社の知的財産権が侵害されていると判断した場合は、常に厳正に対処していく所存です。

シャープ株式会社

シャープは先日IGZOディスプレイを使用したSense3や、ハイスペックなZero2などのスマートフォンを発表して好評を博していますが、コストパフォーマンスが高いことで評判のOppoはこの訴訟に対して抗戦するのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを