Rolandが8つのHDMI入力を搭載したビデオスイッチャー「V-8HD」を2020年1月31日に発売することを発表しました。

画像:Roland

製品ページはこちら

待望の8入力HDMIスイッチャー

V-8HD操作パネル
画像:Roland

Rolandの製品で4入力以上のビデオスイッチャーはV-60HD、V-800UHD、V-1200HD、V-800HDしかなく、どれも(レンタルしたとしても)非常に高価でおいそれと購入できるものではありませんでした。

この中でもV-60HDは比較的リーズナブルですが、6入力のうち1~4はSDI入力なので、HDMIを複数入れる際はコンバーターなどを間に噛ます必要があり取り回しが面倒だったかと思います。

今回発売されるV-8HDは、そんなかゆいところに手が届くような製品で、V-1HDを使用していて「この2倍HDMI入力が欲しい!」という方にピッタリかと思います。

入出力系統は型番通りまさにV-1HDの拡張版といった感じで、HDMIのみ入力が8つにHDMI出力が3つと、これだけあれば大抵の現場には対応できるのではないでしょうか。

リアパネル
画像:Roland

また、V-02HDから引き継がれたフットスイッチコントロールも2系統搭載していて、最大4つのフットスイッチに映像の切り替えはもちろん、静止画への切り替え、PinPなど異なる機能を割り当てられるようです。

フットスイッチコントロール端子を2系統搭載
画像:Roland

カメラやレコーダーとの連携も強化

今までに無い機能として、対応するカメラと接続するとRECステータスを本体のマルチビューワーに表示できるそうです。
RECステータスを表示ということはおそらくREC中はその入力の周りが赤く縁取られるのかと思います。
また、SHOGUNやNINJA VなどのATOMOS製レコーダーと接続するとV-8HDからRECスタート/ストップがコントロールできるとのこと。
これは便利ですね。いちいちレコーダーに手を伸ばしてRECをスタート/ストップさせるのは正直面倒でしたからね。手元で済ませられるに越したことはないですね。

e-Sportsの大会などは複数のHDMI入力が必要だったりするので、そういった場面でも重宝しそうなスイッチャーが出てきましたね。
ただカメラを複数入力するとなるとやはりSDIで取り回したいので、V-8SDIも是非出してほしいですね。Rolandさん、お願いします!!

気になるV-8HDの希望小売価格はオープンで、市場想定価格は税込273,000円前後とのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを