RED Digital Cinema総帥のJarred Land氏が、reduser.netフォーラムにてREDの新しいシネマカメラ、Komodo 6Kの寸法図を公開しました。

画像:reduser.net

Hey all, Hope this helps all of you curious about size fitting into / onto / over things and those of you that want to start building stuff for Komodo.

http://www.reduser.net/forum/showthread.php?180388-Komodo-Dimensional-Drawings&p=1888682&viewfull=1#post1888682

フルサイズの図面はこちら

どうやらこの寸法図を公開した理由は、お披露目の意味もあるでしょうが、サードパーティのアクセサリーメーカーにアクセサリーを製作する為の資料として公開したようですね。

以前よりチラ見せしてたように、CFastの表記がちゃんとあったりして興味深いですね。
ただ自分的にはCFastよりもCFexpressの方が将来性ありそうな気がしますがどうなんでしょうかね。

REDといえば・・・(昔話)

Komodoとは全然関係ないんですが、REDが昔初代Scarletを開発しているときは、3Kカメラとして開発していて「3K for 3K($3,000のこと)」なんて言っていて実際に発売されたら、まともに使うには結局$10,000以上かかることがわかってがっかりしたものです(シネマカメラなんだからそのくらいの金額当たり前なんですが、開発中の煽りがすごかった)

当時はレンズ固定式のモデルも開発していた
激安モデルからハイエンドまでいろいろ

次のカメラはKomodo 6Kなので、「6K for 6K」ってことでReady to Shootなパッケージで$6,000くらいで売り出してくれませんかね・・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを