Nikon Z7/Z6/Z50のファームウェアアップデートが公開されました。

ダウンロード

Z6

Z7

Z50

Ver.3.00の変更点(Z6)

• ProGrade 製および Lexar 製の CFexpress カード(Type B)に対応しました。

※ 詳細は、各地域・国のサポートページを参照してください。

• カスタムメニューの a4[オートエリア AF 時の顔と瞳認識]に[動物認識する]を追加して、顔認識 AF と瞳 AF 機能が「犬と猫」にも対応しました。

※ 犬と猫の瞳および顔を検出します。動画撮影時には「顔認識」のみ動作します。

• [AF エリアモード]>[オートエリア AF]の[ターゲット追尾 AF]の操作性を改善しました。

– [オートエリア AF]時に OK ボタンで[ターゲット追尾 AF]動作に入る機能を、[カスタムメニュー]> f[操作]> f2[カスタムボタンの機能](または g2[カスタムボタンの機能])で、Fn1、Fn2 ボタン、レンズの Fn1、レンズの Fn2 ボタンに割り当て可能

– 静止画撮影でフォーカスモードが AF-C(コンティニュアス AF)時に[ターゲット追尾 AF]動作中にシャッターボタンの半押しまたは AF-ON を解除したときの動作を変更

※ 静止画 AF-C 時のターゲット追尾の動作が、デジタル一眼レフカメラの[3D-トラッキング]に似た操作感になります。

• [カスタムメニュー]> f[操作]> f2[カスタムボタンの機能]に[レンズの Fn2 ボタン]を追加して、Z マウントレンズの L-Fn2 ボタンへの機能割り当てに対応しました。

※ 2020年2月12日時点では、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S のみ

• Zマウントレンズのフォーカス制限の切り換えに対応しました。

※ 2020年2月12日時点では、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S のみ

• オートフォーカス撮影で、Z マウントレンズの「フォーカスリング」または[フォーカス(M/A)]を割り当てた「コントロールリング」を操作したときに、マニュアルフォーカスに切り替わる感度を最適化しました。

• 以下の現象を修正しました。

– [ファインダーの明るさ]をマニュアル設定して、半押しタイマーから復帰したときにファインダーの明るさが変わってしまう場合がある。

– iOS13 のスマートデバイスにおいて、SnapBridge とペアリング完了後に「Bluetooth ペアリングの要求」というダイアログが表示される。

※ 本カメラの NVM Express 制御部分に含まれるオープンソースソフトウェアに適用されるライセンスは、「BSD License (NVM Express Driver)」をご参照ください。

Ver.3.00の変更点(Z7)

• ProGrade 製および Lexar 製の CFexpress カード(Type B)に対応しました。
※ 詳細は、各地域・国のサポートページを参照してください。

• カスタムメニューの a4[オートエリア AF 時の顔と瞳認識]に[動物認識する]を追加して、顔認識 AF と瞳 AF 機能が「犬と猫」にも対応しました。
※ 犬と猫の瞳および顔を検出します。動画撮影時には「顔認識」のみ動作します。

• [AF エリアモード]>[オートエリア AF]の[ターゲット追尾 AF]の操作性を改善しました。

[オートエリア AF]時に OK ボタンで[ターゲット追尾 AF]動作に入る機能を、[カスタムメニュー]> f[操作]> f2[カスタムボタンの機能](または g2[カスタムボタンの機能])で、Fn1、Fn2 ボタン、レンズの Fn1、レンズの Fn2 ボタンに割り当て可能

静止画撮影でフォーカスモードが AF-C(コンティニュアス AF)時に[ターゲット追尾 AF]動作中にシャッターボタンの半押しまたは AF-ON を解除したときの動作を変更
※ 静止画 AF-C 時のターゲット追尾の動作が、デジタル一眼レフカメラの[3D-トラッキング]に似た操作感になります。
• [カスタムメニュー]> f[操作]> f2[カスタムボタンの機能]に[レンズの Fn2 ボタン]を追加して、Z マウントレンズの L-Fn2 ボタンへの機能割り当てに対応しました。
※ 2020年2月12日時点では、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S のみ
• Zマウントレンズのフォーカス制限の切り換えに対応しました。
※ 2020年2月12日時点では、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S のみ
• オートフォーカス撮影で、Z マウントレンズの「フォーカスリング」または[フォーカス(M/A)]を割り当てた「コントロールリング」を操作したときに、マニュアルフォーカスに切り替わる感度を最適化しました。
• 以下の現象を修正しました。

[ファインダーの明るさ]をマニュアル設定して、半押しタイマーから復帰したときにファインダーの明るさが変わってしまう場合がある。

iOS13 のスマートデバイスにおいて、SnapBridge とペアリング完了後に「Bluetooth ペアリングの要求」というダイアログが表示される。

撮影画像に横筋がまれに発生する場合がある。
※ 本カメラの NVM Express 制御部分に含まれるオープンソースソフトウェアに適用されるライセンスは、「BSD License (NVM Express Driver)」をご参照ください。

Ver.1.10の変更点(Z50)

• Z マウントレンズのフォーカス制限の切り換えに対応しました。

※ 2020 年 2 月 12 日時点では、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S のみ

※ レンズの Fn2 ボタンには対応していません。

• 動画撮影時、自分撮りモードで AF モードを AF-F 固定にしました。


Z6/Z7がとうとう動物瞳AFに対応してきましたね。今の所犬猫のみのようですが、今後様々な動物に対応してくるのでしょうか。楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを