長らく登場が待たれていた新型iPhone SEが、とうとう正式発表されました。

iPhone SE

カラーはブラック/ホワイト/(PRODUCT) REDの3種類
画像:Apple

iPhone 8をベースにしつつも中身は超強化

ゲームもサクサク
画像:Apple

先代の4インチiPhone SEのコンパクトさを好んで使っていた方には残念なお知らせですが、ボディはiPhone 8をベースにしているため、画面サイズは4.7インチと若干サイズアップしています。
ただし、中身はなんとiPhone 11/11 Proと同じA13 Bionicを搭載したため、A9搭載の先代iPhone SEより2.4倍(描画性能は4倍)高速になっており、現行機種のiPhone XRよりも高速になっています。

また、iPhone 8ではeSIMに対応していませんでしたが、新型iPhone SEではeSIMに対応したことにより、iPhone 11/11Pro/XRと同じように物理SIMとeSIMのDSDS(Dual SIM Dual Standby)が可能になりました。
つまり、『物理SIMはキャリアの最安プランで通話用に使い、データ通信は楽天UN-LIMIT(eSIM)の通信無制限で(正式対応は謳ってませんが)』なんてことができちゃうわけです。

A13 Bionicの恩恵でカメラも超強化

画像:Apple

A13 Bionicを載せたことにより、カメラ機能も超強化されています。
シングルレンズとはいえ、ポートレートモード、6種類すべてのポートレートライティングのエフェクト、深度コントロールなどにより、コンピュテーショナルフォトグラフィの利点を最大限に活用できるとのこと。
また、リアカメラだけでなくフロントカメラでもポートレートモードを使用できます。

ビデオ機能も強化され、SDRで4K/60p記録が可能になり、HDRでは4K/30p記録が可能とのことです。

気になる価格と発売日は?

4月17日に予約受付開始、24日に販売開始予定とのことで、価格は64GBモデルが44,800円128GBモデルが49,800円256GBモデルが60,800円となっています(いずれも税別)。ケースはiPhone 8がそのまま使えますが、新色も追加され、レザーケースが5,800円、シリコンケースが3,800円とのこと(税別)。

買うなら128GBじゃない?

64GBが44,800で、256GBが60,800円なのはいいんですが、64GBと128GBの価格差が5,000円しかないって、これ128GB爆売れするんじゃないですか?
5,000円の差額で容量倍になるんだったらいかない理由がないでしょう。これはスマホの覇権を取る予感!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを