ホーム ガジェット キングジム、テプラPROの最上位機種、SR-R7900Pを発売。50mm幅テープが印刷可能

キングジム、テプラPROの最上位機種、SR-R7900Pを発売。50mm幅テープが印刷可能

0
キングジム、テプラPROの最上位機種、SR-R7900Pを発売。50mm幅テープが印刷可能

キングジムは、テプラPROの最上位機種という位置付けのSR-R7900Pを2020年2月20日(木)より発売することを発表しました。価格は59,800円(税抜)で初年度販売目標数量は5千台とのこと。

SR-R7900P

製品ページはこちら

今までテプラPROシリーズは、最大でも36mm幅までしかカートリッジのラインナップが無く、50mm/100mm幅のテプラはありますがテプラGRANDの専用カートリッジで、しかもテプラGRANDでは通常のテプラPROカートリッジは使用できませんでした。

SR5900P
下位機種のSR5900P

今回発表されたSR-R7900Pは通常カートリッジを使用できるのはもちろん、新たに50mm幅テープと通常の「テプラ」PROテープ(8m巻き)の5本分以上となる45m巻きの「EXロングテープカートリッジ」に対応し、EXロングテープカートリッジを使用した際は非常にコストパフォーマンスが良くなるそう。

50mm幅印刷イメージ①
50mm幅印刷イメージ②
EXロングテープカートリッジ装着時

映像や音響のイベント屋さんなんかは機材のケースに大きめのテプラを貼りたいことも多いので、50mm幅に対応したこの機種はいいですね。
ちょっとお値段は今までのテプラPRO(下位機種のSR5900Pは29,800円)に比べると少し高いですが、その分カッター刃の交換がユーザー自身でできるようになっていたり機能もかなりアップしていますので、その価値はあるんじゃないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here