デバイスの修理屋のiFixitが、先日発売された新型MacBook Airを早速分解してレビューしています。

There’s Something New in the (MacBook) Air

画像:iFixit

iFixitによると、悪名高きバタフライキーボードからシザーキーボードに変更されているのが確認でき、2018年モデルのMacBook Airと違い、ロジックボードからトラックパッドへ伸びているケーブルが隠されていなく、非常に取り外しがしやすくなっているそう。
また、それによってバッテリーの交換も非常に容易になっているとのこと。

ただし、SSDとRAMはロジックボードに埋め込まれているため、増設は容易ではない(ほぼ不可能)とのこと。

修理ランクは10点中4点とのこと(高いほど修理が容易)


トラックパッドとバッテリーにアクセスがしやすくなっているようで、これに関してはパーツさえあれば自分でたやすく交換できそうですね。
ただSSDとメモリが埋め込みになっているので、ここに関しては注文の際に特盛にしとくのが無難かもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを