HUAWEIが海外でLeica銘のついたカメラを搭載したP40シリーズスマートフォン3機種を発表しました。

「HUAWEI P40」シリーズ3機種が発表 P40 Pro+は5眼カメラ搭載で“20倍ズーム”対応(ITmedia)

画像:HUAWEI

 Huaweiが3月26日(中央ヨーロッパ時間)、Pシリーズの最新モデル「HUAWEI P40」「HUAWEI P40 Pro」「HUAWEI P40 Pro+」を発表。P40とP40 Proは4月7日に、P40 Pro+は6月に世界各国で発売する。なお、日本での発売は現時点ではアナウンスされていない。

ITmedia

 価格はP40(8GB+128GB)が799ユーロ(約9万6000円)、P40 Pro(8GB+256GB)が999ユーロ(約12万円)、P40 Pro+(8GB+512GB)が1399ユーロ(約16万9000円)。

ITmedia

完全にハイエンドスマホの価格帯ですね。

 3モデルとも、5G通信に対応したフラグシップモデル。Leica(ライカ)と共同開発したカメラの性能を特に強化した。

 P40は3機種の中でもスタンダード機に位置付けられ、6.1型フルHD+(1080×2340ピクセル)の有機ELを搭載する。より高いスペックを持つP40 ProとP40 Pro+は、側面がカーブしている6.58型(1280×2640ピクセル)のフレックス有機ELを備えており、より画面の更新が速い、最大90Hzのリフレッシュレートも特徴となる。

 3機種ともインカメラをディスプレイ左上に収めることでノッチをなくし、ベゼルも極限まで狭めることで、正面は「ほぼ画面」といえるデザインを実現している。指紋センサーはディスプレイに内蔵しており、従来よりも認証スピードが30%向上したという。

ITmedia

 アウトカメラの構成は機種によって異なる。P40は5000万画素の広角+1600万画素の超広角+800万画素の望遠という3眼で構成され、最大3倍の光学ズームと、画質劣化を抑えた最大5倍のハイブリッドズームに対応する。

 P40 Proは5000万画素の広角+4000万画素の超広角+1200万画素の望遠に、深度測定カメラを加えた4眼で構成される。5倍までの光学ズームに加え、画質劣化を抑えた10倍までのハイブリッドズームに対応する。

 P40 Pro+は5000万画素の広角+4000万画素の超広角+800万画素の望遠×2に、深度測定カメラを加えた5眼で構成される。2つの望遠レンズはそれぞれ3倍と10倍の光学ズームに対応しており、画質劣化を抑えたハイブリッドズームは最大20倍、デジタルズームは最大100倍に及ぶ(P40 Proは最大50倍)。

ITmedia

望遠を800万画素に押さえたのは結構思い切りましたね。あと広角レンズの方は1/1.28型センサーということで画質が気になるところです。
果たしてRX100などの1インチコンデジの描写を超えることはできるのでしょうか。

ただ、HUAWEIはアメリカにおける制裁がいまだ続いている為、Google関連のアプリはインストール不可の為、Google Play Storeなどももちろん入れられません。それによってどれだけ購買力が変わるかも気になりますね。

先代のP30シリーズに関してはGoogle関連のアプリも普通に使えますので、今のうちに買っておいた方がいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを