FUJIRUMORSに近日発表予定のX-T4のリーク画像が掲載されています。

画像:FUJIRUMORS
画像:FUJIROUMORS

X-T3とは違いバリアングルが採用されているようですね。

X-T3とX-T4の外観比較

更に、FUJIRUMORSがこれまで得た情報からX-T4のレンダリング画像を作成し、それを元にX-T3との比較を掲載しています。

画像:FUJIRUMORS
画像:FUJIRUMORS
画像:FUJIRUMORS
画像:FUJIRUMORS

現在判明しているスペック

  • X-T3と同じ26 MPセンサー
  • デュアルSDカードスロット
  • 新しいサブダイヤル
  • バリアングルスクリーン
  • より大容量のバッファ
  • 少し厚くなる
  • 6Kなし
  • 2350 mAhバッテリー
  • バッテリーはNikon EN-EL15bとほとんど同じように見える
  • 富士フイルムX-T4は、富士フイルムX-T3とほとんど同じに見える(多少のサイズの違いはありますが)
  • Fujifilm X-T4はX-T3とほぼ同じグリップ
  • 唯一の顕著な違いは、ティルトスクリーンがバリアングルスクリーンに変更になったくらい
  • 富士フイルムX-T4には露出補正ダイヤルがまだある。が、X-H2のようなトップLCDはなし
  • X-T3のボタンはX-T4と同じ数で、ほぼ同じ位置にあります
  • ただし、ボタンには異なるマークが付けられる
  • サブダイヤルには、「VIDEO」、「PHOTO」、「HDR」などの異なるマーキングもあります。
  • フォーカスアシストランプが少し高くなりました
  • X-T4はバッテリーとボディ内手ブレ補正の為に、X-T3よりも少し大きい。

EOS R5が8K内部記録なんてバケモノじみたスペックを発表してきたのでX-T4が6Kを搭載するのもありえるかもと思っていたんですが、最終的には6Kは無しのようですね。
バリアングルスクリーンについても、富士フイルムのユーザーは純粋に写真機として購入する方も多いと思うので、これは賛否分かれそうです。

富士フイルムX-T4は2月26日に発表されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを