なんと、フォーミュラ1がコロナウィルスの影響により延期・キャンセルされたレースのかわりにCodemastersの 「Formula 1 2019」 というゲームを使用したバーチャルグランプリを開催することを発表しました。

Formula 1 launches Virtual Grand Prix Series to replace postponed races

とはいえ、バーチャルグランプリとはいっても勝ったからといって公式の世界選手権ポイントが付与されるわけではなく、完全にエンターテイメントの為のグランプリだそうです。

また、このバーチャルグランプリでは人によってゲームの腕に差があるのを縮める為、車体の性能を全て同一にし、クラッシュによる車体へのダメージの軽減、オプションのアンチロックブレーキとトラクションコントロールなどが盛り込まれた特別仕様になるそう。

また、レースが行われない週末にはオンラインイベントを開催し、世界中のF1ファンがF1ドライバーと対戦できる機会も設けるそうです。

これは、ガチのF1ドライバーがゲームのF1で対決するというだけでもめちゃめちゃ面白そうですね・・・。
筆者はこれまでF1にはあまり興味がありませんでしたが、このニュースでこのバーチャルグランプリはとりあえず見てみようかなという気になりました。
もしかしたらこのバーチャルグランプリをきっかけに、自分のように今までF1に興味のなかった層を大量に取り込むことができるかもしれませんね。

今いろいろなスポーツのコンテストやイベントが中止になっていますが、そういった中で選手達にe-Sportsで競わせるというのもそのスポーツの業界が盛り上がるきっかけになるかもしれません。

Formura 1バーチャルグランプリは、米国時間3月22日にF1.comに加えてYouTube、Twitch、Facebookで放送されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを