Blackmagic DesignがBlackmagic Camera Setup 6.8をリリースしました。
このアップデートは主にBMPCC 4K/6Kの起動時間の改善と、多数のクリップが含まれたメディア挿入した際にマウントに時間がかかる問題が改善されます。

主な変更点は以下の通り。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの新機能

  • カメラの起動時間の改善。
  • USB PTP制御パフォーマンスの改善。
  • 4K 2.40:1記録の際の解像度の高さを1712から1720に増やします。
  • 多数のクリップを含むメディアのマウントに時間がかかる問題を修正しました。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kの新機能

  • カメラの起動時間の改善。
  • USB PTP制御パフォーマンスの改善。
  • 多数のクリップを含むメディアのマウントに時間がかかる問題を修正しました。
  • レンズの手ブレ補正をオフにしてカメラを起動すると、EFレンズ安定化をオンにできない問題を修正しました。

他のカメラモデルのバージョン6.8の新機能はありません。

Blackmagic RAW 1.6.1の新機能

  • Blackmagic URSA Broadcastのサポートが追加されました。
  • Blackmagic RAW Avid Media Composerプラグインの一般的なパフォーマンスと安定性の改善。
  • Blackmagic RAW Adob​​e Premiere Proプラグインの一般的なパフォーマンスと安定性の改善。

ダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを