MacのCPUがPowerPCからIntelプロセッサに完全移行してから随分経ちますが、どうやら今度はAMDのプロセッサをテストしているようです。

Appleの情報サイトのMacRumorsによると、AMDのAPU(Accelerated Processing Unit)のコードネームであるPicasso、Raven、Renoir、Van GoghなどのAMD APUのコードネームが見つかったとのことです。
ただAMD APUの記述自体は10.15.2 Betaの時から見つかっていたそうで、10.15.4 Betaではその記述が更に増えているとのこと。

こういった記述があると「RyzenがとうとうMacに搭載か!?」などと期待してしまいますが、Appleがただテストの為に記述している可能性もあるので、AMDのAPUをすぐに搭載するわけではないのであまり期待しないようにしてください。

Ryzen自体はHackintosh(Windows PCでmacOSを起動することで)で動作自体は確認されているようなので、必然かもしれませんね。

将来、先日報じたAMDのバケモノCPUなんかがMacに積まれるようになったら面白いですね!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで日刊デジタルギアを